資格・認可

パシフィック IVF インスティチュートは、希望をなくしてしまっていた数多くのカップルを妊娠・出産へと導いてきました。長年に渡る豊かな経験と実績に支えられた当クリニックは、業界より高い評価を受けています。パシフィック IVF インスティチュートが所属する専門団体・組織、ならびに受けた認可の一部を以下にリストしました。当クリニックの医療業界に於ける地位と評価を実証するものとしてご参照ください。

生殖補助技術学会

全国スケールの専門家組織。パシフィック IVF インスティチュートは1989年以来の会員です。クリニックのデータは、SARTを通して米国疾病予防管理センターに報告されます。

米国生殖医療学会

SARTの関連組織です。

米国疾病予防管理センター認定ラボラトリー

米国疾病予防管理センターには、生殖補助技術胚培養室の認定プログラムがあります。このプログラムは、胚培養プロセスの品質を保証する管理基準を設定したもので、ラボラトリー・スタッフ資格、記録管理手続き、胚培養室の検査・認定基準も含まれます。

ガリレオ・リサーチ・ラボラトリー

タイホー・ガリレオは、数多くの研究所を運営し、また世界各国の提携タイホー・ガリレオ・センターとともに、優れた研究、情報交換奨励、生殖科学の進歩、不妊症患者へのアシスタンスを目指して活発な活動を続けています。タイホー・ガリレオは、優秀な科学者をリクルートし、最新鋭のテクノロジーをはじめクリニック・チームが必要とするさまざまなサポートを提供して、傑出した業績、研究の前進を応援します。

米国臨床病理医協会(実験室認定機構)

米国臨床病理医協会は、実験室を査察し認定する国際的な権威です。病理医のみで構成された世界最大の医療機関で、高品質かつ費用効果の高い医療ケアを唱えます。

臨床検査改善修正法案

臨床検査改善修正法案は、検査の実施場所を問わず、臨床検査結果の正確性、確実性、迅速性を保証するための品質基準を定めたものです。

“素晴らしいスタッフに感激しました。看護師の方も本当にいつも温かく、かつプロフェッショナルなケアを提供してくださいました。どんな質問にも丁寧にわかりやすく答えてもらえたので、不安がどんどん薄れていきました”